9年後の不労所得生活を夢見て・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々の豪ドルトラリピ設定
2016年07月14日 (木) | 編集 |
豪ドルのトラリピが$1=¥93.60を下限に相当放置してました。
今週に入り円安がやや進み、イギリスのユーロ離脱ショックもやや落ち着きを取り戻しているようですので、そろそろ反撃に出ようかと思います。
最近は豪ドルも政策金利を下げており1.25%となっており、以前ほどスワップの旨みが消えているのでやや金利の高いNZドル(2.25%)にしようかとも思ったのですが、なにぶんあまり親和性のない通貨なので長年連れ添った豪ドルにしました。

今回追加したのは以下の画像の37本。

現在の豪ドル円/トラリピの設定は
 レンジ幅   : 105.50円〜93.60円  78.60円〜82.00円
 仕掛けの本数 : 157本(10銭きざみ)
 1本あたりの通貨 : 1000通貨
 1回のリピートでの利益: 200円(一部決済トレールあり)

 最低想定レート :60円(過去最安値は2008年10月の55.05円)
 最低想定レートまでロスカットされない証拠金額:6,558,016円(入金しておくべき金額)


豪ドルトラリピ2016:7:14

以前は「最低想定レート」を55円に設定したいたのですが、豪ドルが現在のところ比較的堅調なのと、近日中にキャッシュフローが100万円程度は用意できる見込みがあるので、最悪の事態にも証拠金を追加できると踏んでこの値をターゲットにしました。

基本完全放置主義なので、できるだけ近いうちに追加資金を投入しようと思います。
スポンサーサイト
豪ドルの再浮上でやっとトラリピ決済トレールへ移行
2015年04月28日 (火) | 編集 |
マネースクウェア ジャパンのFX自動売買機能のトラップリピートイフダン®を使って、安全運転の資産運用を継続しているたこですが、昨年末からの豪ドルの低迷で、たこの豪ドルトラリピ(10戦刻み:93.10〜105.50)は下抜けしてしまい、もはや淡々とスワップを稼ぐのみとなっていましたが、今朝からの円安豪ドル高でやっとトラリピのリピートが復活して参りました!

今日だけで16本のポジションが決済され、3200円の利益がありました。
利益も勿論嬉しいのですが、さらに嬉しいのは、やっとポジション決済されたことによって1月にリリースされた『決済トレール』付きのトラリピに移行できる事です

早速、従来のトラリピを取り消しして『決済トレール付きトラリピ』に入れ替えてみました〜。

⑴まずは『指値一覧・修正・取消』を開き、取り消しするトラリピ注文(ポジションを持っていない表示のもののみ)のチェックボックスをチェックし、『取消』をクリックします。
*この時注文内容をメモするかスクリーンショットしておく事。

決済トレール移行:注文取り消し

⑵『新規注文』より取消した注文と同じトラリピを16本。勿論決済トレールは『設定する』にチェックします。
利益金額は、決済トレールありにすることによって従来の『せま割』が無くなるので変えようかとも思いましたが、M2Jのバックテスト結果でも200円(1万通貨で2000円)でしたので、そのままとしました。

決済トレール新規

⑶注文が終了したら、もう一度『指値一覧・注文・取消』を確認します。


*潤沢な投資資金があれば現在のトレール無しの注文(ポジション)と並行して決済トレール注文を出せるのですが、そうも行かないので今後も地道に同様の作業を繰り返し、豪ドルが105円台にもどって全てのポジションが解消されるまで続けて行こうかと思います。

トルコリラ利下げで7.50%に
2015年02月25日 (水) | 編集 |
2月24日トルコ中央銀行が政策金利を0.25%引き下げ、7.50%にすると発表されました。
今回の利下げは先月に続き2ヶ月連続となってます。
6月の総選挙に向けて更なる利下げも予想されています。

たこのブログでもマネースクウェア・ジャパンを使ったトルコリラのトラリピやスワップ投資を紹介していますが、レバレッジさえ上げ過ぎなければトルコリラ投資は立派な資産運用になります。
ちなみに2月25日今日現在のM2Jのトルコリラ/円スワップは、1万通貨あたり90円です。
投資がギャンブルにならないよう、しっかりリスク管理をして行きたいものです。

*たこのトルコリラ、トラリピ運用の記録はこちら
トルコリラ、スワップ運用のブログはこちら


2匹目のトラを狙う?!トラトラ戦略@トルコリラ
2014年12月17日 (水) | 編集 |
ここ数日の荒れる天気のごとく右往左往する為替にトラリピもガンガンリピートしております。

現在マネースクウェア・ジャパンのFX自動売買システム、トラップリピートイフダン®(トラリピ)を使って老後の不労所得を目指すべく日々安全運転で運用中です。焦らず、欲張らず、誰でも実践出来るバラ色老後を目指す過程を綴ってます。

さて、現在トラリピで運用中のトルコリラ/円ですが、原油安やらギリシャ不安の再燃、中国の景気減速懸念などによって一気に円高に巻き返し10日程前まで1トルコリラ=54円だったのが昨日は47円台後半、本日は49円台前半まで戻しています。
ここまでトルコリラ安が進めば、高金利通貨(政策金利8.25%)で高い利息が望めるリラを買い増さない理由は無いと言うもの。

10月3日付けのブログ『トルコリラ円、トラトラ戦略へ。』で注文した『トラリピ+トラップトレード』の合わせ技で買いが成立したポジション、47円以下(47.00、46.80、46.60、46.40、46.20)計5本の各1000通貨を保持しています。

これに味を占め(笑)2匹目のドジョウならぬ2匹目のトラを狙うべくトルコリラ/トラリピ戦略を練り直しました。それが⬇のエクセルシートの第2弾トラトラ戦略です!

通貨:トルコリラ/円  買い

(1)注文方法:トラップリピートイフダン
レンジ幅:47.20〜54.00円
仕掛ける本数:35本(20銭刻み)
1本あたりの通貨:1000通貨
1回のリピートでの利益:200円(せま割20)
最低想定レート:37円

(2)注文方法:トラップトレード(指値注文)
レンジ幅:45.60〜47.00円
仕掛ける本数:8本(20銭刻み)
1本あたりの通貨:3000通貨
(*1000通貨は既に保有中の為、今回は2000通貨の追加注文)
指値注文の為リピートなし
最低想定レート:37円


最低想定レートまでロスカットされない証拠金額:814,488円
    (入金しておくべき金額)

トルコリラ円トラトラ戦略2014:12:17
(*こちらのエクセル表の作り方は『Excelによるトラリピ運用試算(Ⅱ)基本編』へどうぞ。)

こちらに戦略を変更するに当たって必要な資金を15万円追加でマネースクウェアジャパンに入金。
表の左、チェックボックスにチェックが入っているものは今日現在保持中のポジションです。(訂正:41〜43はポジション保持してないです)
『本数』の欄の1〜35がトラップリピートイフダン®の注文で、36〜43のグレー部分がトラップトレード®注文です。

11月27日付けの戦略『年末に向けて54円目指すか?トルコリラ。』の、47.00円×10.000通貨の注文を取り消し(未成立)、47.00円以下8本、各2000通貨をトラップトレードを使って注文しました。

9月のトルコリラ/円のトラリピ開始当初はここまで頻繁に戦略の変更が必要だとは思いもしませんでした〜
オーストラリアドルのトラリピ注文なんてかなり放置状態ですもの
トルコリラ円はそれだけボラティリティが大きく構ってちゃんな通貨なのですネ



*こちらは実際のトラトラ戦略注文変更の方法です。
 (トラリピの注文が解らない人は『トラップリピートイフダン®注文方法』を参照ください。)

⑴まずは『47.00円10.000通貨の注文を取り消します。
左のバー『指値一覧・修正・取消』より検索。該当する注文にチェックをして上の『取消』をクリック。

スクリーンショット 2014:12:17

⑵以下の様なポップアップが出ますので確認して『注文取消』をクリックして確定。
スクリーンショット2 2014:12:17

⑶左のバー『新規注文』をクリック。『他の注文』から「トラップトレード®」を選択。
以下、入力内容は以下のとおり。

*最後に必ずもう一度『指値一覧・修正・取消』を開いて、トータルの注文本数や内容を確認する事!!

トルコリラ 2014:12:17

投資は自己責任で。
トルコリラをコツコツと。
2014年12月12日 (金) | 編集 |
今月に入って乱降下しているドル円ですが、トルコリラ円ももれなく円高になって来ています。
1週間前の12月5日には54円台をつけましたが、今日は51円台までトルコリラ安がすすみました。

ポジションがマイナスになってしまい、気分的にマイナスモードになってしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、私は絶好の買い場だと思っています。
こんな時こそコツコツと買って、ポジションの平均価格を下げて行きましょう!

例えばこんな具合に・・・
マネースクウェア・ジャパンであれば、トラップトレードを使って簡単に注文出来ます。
51.50円〜47.00円まで50銭刻みで1000通貨ずつ買い下がって行く感じです。
これなら一度に大量に買うよりは平均買い付け価格を低く出来ます。


トルコリラトラップトレード 2014:12:12

勿論、マネースクウェア・ジャパンだけではなく他のFX会社でも、50銭刻みで指値注文をすればいいだけの話ですので、こんな時こそコツコツと買って将来の利益を増やしましょう。
年末に向けて54円目指すか?トルコリラ。
2014年11月27日 (木) | 編集 |
11月15日のブログ→『トルコリラ・トラリピを追加投入で上抜けに備える。』で、トルコリラのトラリピの上限を53円に設定しましたがあっけなく突破し毎日52円台後半から53円台を行ったり来たりしています。
しばらく放置していましたが、そろそろトラリピの戦略を練り直してみたいと思います。

追加出来る資金がどど〜んとあればトラリピの範囲も大きくしてしばらく完全放置状態にしたい所ですが、今のところそんな資金も無いので・・・。

トラリピのしっぽを切って上に付け足し方式で行きます。
トラリピプランは⬇のエクセルシートの通り。47円以下の注文は消して、54円〜47円のトラリピです。
正確に言うと47.00円は1万通貨にして、トラリピでは無く指値注文にしました。

先月10月16日には46.20円程度まで下がった事があるので、47円程度は行く可能性もあるかな〜と期待を持っての注文です。

通貨:トルコリラ/円  買い

注文方法:トラップリピートイフダン
レンジ幅:47.20〜54円
仕掛ける本数:35本(20銭刻み)
1本あたりの通貨:1000通貨
1回のリピートでの利益:200円(せま割20)
上記プラス、47円指値注文1本×10,000通貨
最低想定レート:37円

最低想定レートまでロスカットされない証拠金額:665,640円
    (入金しておくべき金額)

*当初の55万円の資金で運用(『トルコリラ円、始動!トラリピ・トルコリラ戦略』参照)している方は47.00円を1000通貨の注文にしてトラリピ36本だけであれば¥558,720の資金で注文出来ます。

トルコリラプラン 2014:11:27





実際のトラップリピートイフダンの注文変更の手順は以下の通りですので、やり方の解らない方は参考にしてくださいね。

①まずトレードページの左バー『指値一覧・修正・取消』をクリックし、47円以下の注文を探して、左のチェックボックスにチェックを入れる。
次にチェックボックス上の『取消』をクリックします。
1トラリピ注文取り消11:27

②確認画面が出ますので、確認して『注文取消』をクリックします。 
2注文取り消し 11:27

③次に54.00円〜53.20円まで5本のトラリピ注文をします。
まず、左バーの新規注文を選択。「他の注文」よりトラップリピートイフダンを選びます。
以下入力内容は画面のとおりです。右に出て来るトラリピ一覧が正しければ『注文する』をクリックして完了です。
トルコリラ注文2014:11:27

④最後に47円1万通貨の指値注文です。
上記同様に左バーより『新規注文』をクリック。「他の注文」から『指値』を選び画像の様に入力して注文すれば完了です。

トルコリラ指値2014:11:27

⑤一番最後に『指値一覧・注文・取消』または『注文履歴一覧』を開いて、必ず今やった注文内容の最終確認、注文本数の確認をお忘れなく。





トルコリラ・トラリピを追加投入で上抜けに備える。
2014年11月15日 (土) | 編集 |
現在20銭刻みで44本、43.40円〜52.00円に仕掛けているトルコリラ・トラリピですが、早くも上抜けしそうです。一時期は46円台にも下がりましたので、当分は追加注文はしなくてもいいかと踏んでいたのですが、最近の円安の勢いは凄まじいですね。

投入出来る資金が無いので、豪ドルのトラリピ注文を少し減らしてトルコリラに割り当てる事にしました。
と、言う訳で52.20円〜53.00円まで20銭刻みの5本。一回あたりの利益金額は200円です。

トルコリラ注文2014:11:14

トラリピのトータル本数は49本になりました。とりあえずしばらくは53円以下のレンジ内でリピートして欲しいものです。
他のFXには無いトラリピの良い所は、上がっても利益が増えて嬉しいし、下がってもポジションを持つ事によってリピートの楽しみが増える所です。

裁量取引のように”予測”をする必要がありませんので、どっちに転んでも安心して見守れるのがストレス無く長く運用を続けられる所以です。

トルコリラ運用試算2014:11:14

10/23トルコリラ円、一ヶ月の成果は?
2014年10月23日 (木) | 編集 |
マネースクウェアジャパン(M2J)のトルコリラ円が導入されて一ヶ月が経過しましたので成績を紹介します。
(現在の発注内容はこちら⇒『トルコリラ円、トラトラ戦略へ。』

通貨:トルコリラ円<期間:2014/09/22〜2014/10/22>
 トラリピ益+スワップ益トータル : 約4400円
 以下内約です。

『買』の成立回数19回

トルコリラ買2014:10:23

『売』の成立回数7回  利益幅200円×7回=1400円の利益
トルコリラ売20141023

現在保有中ポジショントータル:10,000通貨 (47円以下は買いのトラップトレードなので含み益あり)
トルコリラ円ポジション 2014:10:23

スワップ益は他の通貨と一緒くたになってしまっている為、正確な所は解りませんが、M2Jのスワップが95円〜100円/日(1万通貨あたり)なので、一ヶ月で3000円程度付いていると思われます。

トルコリラ円に対しては運用額約55万円レバレッジ5.74倍で運用中ですので、年利にすると約10%程度が期待出来そうです。
う〜でもそうすると、トルコリラの現在の為替水準ですとトラリピやるよりポジションを長期保有でスワップ益狙いの方がリターンが大きそうです。いや、実際大きくなります。その根拠は〜



トルコリラ運用試算表 2014:10:23

以下がトルコリラ円のスワップ(利息)が今後も続くと想定した場合の『想定スワップ収益』の試算です。
仮に、トルコリラ=47円で5万通貨 『買』で保有したとすると。
1日500円のスワップが付き、年間182000円。
運用額は同じ55万円(ロスカット37.94円)ですので年利33%も付きます!!しかも為替差益がプラスされれば更にリターンが期待出来ます

トルコリラ、まさに『いつ買うの?今でしょう?!』ってな感じですね!



トルコリラスワップ 試算2014:10:23


豪ドル、トラリピ気がついたら下抜け。
2014年10月18日 (土) | 編集 |
ここの所、トルコリラに一生懸命になっていましたらいつの間にか豪ドルが下抜けしてました。
下抜けとはトラリピをやっている方ならご存知でしょうが・・・。

マネースクウェアジャパンのトラップリピートイフダンでは、できるだけ広い範囲にトラリピを設定する事で日々の為替変動を気にかける事無く(為替を追う事無く)利益を積み重ねる事ができます。

ですから、自分がトラリピを設定した範囲内より為替が逸脱してしまうと利益の取りこぼしになってしまうのです。今回は設定より為替が下落したので下抜けって訳です。

現在の豪ドル円/トラリピの設定は
 レンジ幅   : 105.50円〜93.60円  
 仕掛けの本数 : 120本(10銭きざみ)
 1本あたりの通貨 : 1000通貨
 1回のリピートでの利益: 200円

 最低想定レート :55円(過去最安値は2008年10月の55.05円)
 最低想定レートまでロスカットされない証拠金額:5,776,496円(入金しておくべき金額)

以下エクセルシートでの試算(本数が多いので真ん中省略)
豪ドル円2014:10:17 ①
                 〜
豪ドル円2014:10:17 ②

一昨日(10/16)は気がついたら91.80円まで下がっていたのですネ。
私のトラリピは下が93.60円までだから取りこぼしをしていました。

しかしですね、だからといっておいそれとトラリピを追加する訳には行かない訳ですよ。
実は私の保有中のポジション=上記のトラリピでして、”2013/04/11”付けの豪ドル円105.50を筆頭に『買』のマイナスポジションが127本あるんです。(うち7本は上記設定以外の豪ドル円)

現在の含み損(評価損益)トータルは-589,350円となっていますが、1000通貨あたり1日に5円程度、全部で600円/dayのスワップを稼いでくれていますし、豪ドル円=55円の下落までは平気なので全然気にしてません。

でもやっぱり利益の取りこぼしは残念なのですが、トラリピを追加するとなると新たに資金を投じる必要があります。試しに17本トラリピを(下のグレーの部分)追加して試算してみると・・・
入金しておくべき金額 6,476,732円 !!
プラス約70万円の資金が必要です。(6,476,732円ー5,776,496円)

70万円、すぐには準備できないですし、70万円あったら今は豪ドルは放置してトルコリラ円かな(笑)

しばらくは豪ドル円のトラリピでの利益は諦めて傍観してようと思います。プラス近々資金を追加して『想定最低レート』を53円位に持って行ければと思います。(世界経済の停滞に備えて)
それでも1日600円、一ヶ月で18000円のスワップ利益は貰えますし♡

深追いはしない、ルールは守る。これ長期投資、資産運用の王道です。

豪ドル円2014:10:17 ③
               〜
豪ドル円2014:10:17 ④

*エクセル表の作り方は『Excelによるトラリピ運用試算(Ⅱ)基本編』へどうぞ。






 
トラトラ戦略のトラップトレードが効いてます♪
2014年10月17日 (金) | 編集 |
マネースクウェアジャパンで先月導入されたトルコリラ円ですが。
現在トラトラ戦略で1000通貨単位でトラリピしてます。
(発注の内容はこちら⇒『 トルコリラ円、トラトラ戦略へ。』2014/10/03UP)

ここの所、欧州の景気減速に対する警戒感や、エボラ出血熱の米国内や各国への感染拡大懸念などで円が急速に買われ一時は$1=110円まで行った円安が105〜106円まで戻しています。

特に『フラジャイル ファイブ』の1つであるトルコリラは今後の動静では更に下がる可能性がありますので注意が必要です。

しかしながらトルコリラ円はスワップ高く、お宝ポジションとして今後スワップ狙いで持っておきたい通貨でもあります。スワップ狙いであれば今後買い時ともいえますね!

そんな私の現在のポジションは以下の通り。47円以上でトラップリピートイフダン、47円以下でトラップトレードを仕掛けています。

トルコリラ2014:10:17



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。