9年後の不労所得生活を夢見て・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年/年間M2Jトラリピ結果
2015年01月03日 (土) | 編集 |
マネースクウェア・ジャパン(M2J)のFX自動売買システムであるトラップリピートイフダン®(トラリピ®)を使って一攫千金でない資産運用を実践しています。
トラリピのおかげで2011年の開始当時からずっと利益を上げ続けています。

2014年度の年間トラリピ結果をUPします。

実現損益:+468,716円

2014年中ちょこちょこ追加入金をし、計100万円程入金しているため正確な利益率を算出するのは難しいですが、1年前の2013年度終了時点の残高が約650万円でしたので、年利6〜7%程度と思われます。
(*証拠金の一部をUSDで入れているため為替の変動もあります)

<トラリピ設定>
オーストラリアドル : 10銭刻み 200円利益
南アフリカランド(2014年9月まで): 6戦刻み 500円利益
トルコリラ(2014円9月〜): 20銭刻み 200円利益

2013年度が年利10%程度でしたのでそれに比べると2014年度は運用効率が下がりました。
全体の利益率が低くなった原因の一つには2014年度前半、為替の停滞がありボラティリティが下がったというのが挙げられます。

もう一つは個人的な要因で2014年初め円高になった時に、前年の2013年度円安の時のAUDのポジション(上は105円圏)が足かせとなり、トラリピの設定を増やせず(追加資金投入できなかった)、下抜けしてしまった為です。
この時点で追加資金を入れることができればトラリピを継続出来、利益を伸ばせましたが、安全運用を心がけているので無理なトラリピの追加設定はしませんでした。
その代わり、高金利通貨の強みでスワップをコンスタントに稼げましたので、忍耐強く待ちの運用をすることが出来たと思います。

2015年はM2Jのトラリピ®に新兵器の『決済トレール』が追加されます。
先日のブログ『トラリピ®の決済トレールってどんなもんよ?!』で告知したとおり、バーチャルで検証中ですので、今後もM2Jに期待したいと思います♪

2014年結果
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。