9年後の不労所得生活を夢見て・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エクセルを使ったトラリピの運用試算方法(Ⅰ)
2015年01月11日 (日) | 編集 |
マネースクウェア・ジャパンのFX自動売買機能であるトラップリピートイフダン®(トラリピ®)を使った資産運用で4年連続負け知らず、不労所得でのバラ色老後を目指しています。
昨年は為替の変動幅が前半で少なく、トラリピでの利益は年利6%程度でしたが、いたって安全運用でこれだけ稼げるのだから素晴らしいでしょう?!

さて、本日のお題は表題どおり、『エクセルを使ったトラリピの運用試算方法』です。
マネースクウェア・ジャパンの会員専用ページでは『らくトラ運用試算表』というツールがあり、初心者でも手軽に手持ちの運用資金に対してどの程度のレバレッジを掛けたり、ロスカットレートが幾らか確認したり、トラリピの設定値幅だったり・・・これらを簡単にリスク計算、リスク確認できます。

でもやはり、複数通貨を運用したり、違う値幅でトラリピを仕掛けたりするようになってくると、自分でしっかりリスクを見える化して資金管理をしないとトラリピと言えども安全運用とは言えなくなってしまいます。

そこで便利なツールが表計算ソフトのエクセル。正確に言うと私が使っているのはMacなのでNumbersというソフトです。。
一般的にはエクセルと呼んだ方が通じると思うので、便宜上こちらで呼びますね。
今回のシリーズ『エクセルを使ったトラリピの運用試算方法』は表計算ソフト超初心者でも一人で作成出来るように説明していきたいと思います。
かく言う私も、トラリピ運用のために使い方を覚えた感じなので、お仕事やなんかで普段表計算ソフトを使っている方には役立たずかもしれないです

まずは『Excelによるトラリピ運用試算(Ⅱ)基本編』です。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。