9年後の不労所得生活を夢見て・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Excelによるトラリピ運用試算(Ⅲ)複数通貨編
2015年01月22日 (木) | 編集 |
今回はエクセルを使ったトラリピ運用試算方法の第3弾です。
前回の基本編では単一通貨のトラリピ設定の運用試算の仕方でしたが、今回は複数通貨のトラリピ設定を同時に運用する場合の試算方法です。
(*こちらの記事は『エクセルを使ったトラリピの運用試算方法(Ⅰ)』および『Excelによるトラリピ運用試算(Ⅱ)基本編』の続きです。)

トラリピをする時に複数通貨または同じ通貨で値幅(トラリピを仕掛ける幅)や利益幅を変えてやることによって、リスク分散や利益増大の効果があります。
例えば私は資源国通貨である豪ドル/円と非資源国、高金利通貨であるトルコリラ/円のトラリピを同時に仕掛けることによってリスクヘッジをしています。
また同一通貨を「10銭刻み・200円利益」と「25銭刻み1000円利益」などと2種類設定する事によってレンジ相場(一定の範囲を行ったり来たりする相場)とトレンド相場(一気に一方向に進む相場)の両方で収益を上げることができます。

(追記:2015年1月31日リリースの『決済トレール』によって利益幅を必ずしも大きくしなくても、トレンド相場で利益チャンスを得られるようになりました!)




<例> 口座入金額250万円で3種類のトラリピプランの設定で運用する。
*例ですので、私自身のトラリピ設定とは全く関係ありません

[1]まずは前回の『基本編』に沿って以下の3本のトラリピの試算運用表を作ります。

<1本目トラリピプラン>
・通貨   :   豪ドル/円 
・通貨単位 :トラリピ1本あたり1000通貨
・レンジ範囲:94.00〜100.00
・刻み幅  :   25銭刻み
・トラリピ本数:25本
・利益幅  :500円  
*試算をする上で利益幅(いくら上がったら売るか)は関係ありませんので、同通貨を異なる利益幅で同じトラリピ設定をする場合の試算運用表は全く同じものになります。(例えば500円利益と1000円利益の運用表の内容は全く同じ)
・想定最低レート:53円
(*ここまではロスカットされないと云う為替レートですが、売買手数料等により、実際とは前後1円程度誤差が出ることがあります。以下同様)

エクセル豪ドル1

<2本目トラリピプラン>
・通貨   :   豪ドル/円 
・通貨単位 :トラリピ1本あたり1000通貨
・レンジ範囲:90.00〜100.00
・刻み幅  :   50銭刻み
・トラリピ本数:21本
・利益幅  :1000円  
・想定最低レート:53円
エクセル豪ドル2

<3本目トラリピプラン>
・通貨   :   トルコリラ/円 
・通貨単位 :トラリピ1本あたり1000通貨
・レンジ範囲:45.00〜55.00
・刻み幅  :   50銭刻み
・トラリピ本数:21本
・利益幅  :700円  
・想定最低レート:37円

エクセルトルコ1


[2] 上記3つのトラリピプランの設定の『入金しておくべき金額』の合計金額が、『口座に入金しておくべき金額』となり、実際の入金額250万円に対して、余剰金が¥108,360となりました。

トータル1

以下は表計算ソフトを使ったこの表の作り方になります。



1、まずはエクセルで以下の表を作ります。(ここまで計算式一切なし)
トータル1

2、トータルトラリピ本数[C7]のセルに数式を入れます。
     『  =C3+C4+C5  』 
  入力方法は
    C2のセルを選択→=をタイプ→C3セルを選択→+をタイプ→C4セルを選択→
   +をタイプ→C5セルを選択→Enterをタイプ
トータル2


3、口座に入金しておくべき金額のトータルのセル[F2]も上記2と同様に数式を入れます。
    『  =F3+F4+F5  』 
  入力方法は
    F2のセルを選択→=をタイプ→F3セルを選択→+をタイプ→F4セルを選択→
   +をタイプ→F5セルを選択→Enterをタイプ
トータル3

4、想定レートまでの不足金額(余剰金額)を計算します。
 [G7] の数式 ーーーー 『  =G2-F2 』
 入力方法は
 G7のセルを選択→=をタイプ→G2セルを選択→ −をタイプ→F2セルを選択→Enter
トータル4

以上で上記[ 2 ]の表の出来上がりです。
この表さえあれば各トラリピプランの設定を変えた際にいくら追加入金をしたらいいのか?とか豪ドルのトラリピを増やしてトルコリラトラリピを増やそう、など自由自在に資産管理が出来るよになりますよ。
是非活用してください!

また、こちらの表はあくまでも運用管理に使って頂いて、正確な試算はM2J会員サイトの『らくトラ運用試算表』で行う習慣をつければ計算間違いが無く、安心だと思います。私も必ずダブルチェックするようにしています!










 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。