9年後の不労所得生活を夢見て・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラリピ®始めるのに、いくらお金が必要?
2015年02月08日 (日) | 編集 |
旦那の収入が低い+増えない+将来不安の反骨精神から、自分に投資+お金に働いて貰うを実践してます。
昨年はトラリピ+47万円、裁量FX+56万円、株+15万円の利益。
裁量FXのほうがFX自動売買のトラリピよりも多いですが、私が今一番力を入れているのは勿論トラリピです!

今日は高校時代の友達と会ってランチして、おしゃべりして楽しかった〜あ、間違えた、ここは優雅な主婦ブログじゃなくて、資産運用ブログでした、エヘン。
いや、やはり同年代の友達に会うと、老婆心ながら『将来大丈夫?老後の計画立ててる?』って心配になってしまうわけですよ。で、変な奴と思われないかな〜と思いつつ資産運用、トラリピの話をちょこっと・・・。

トラリピってさ、ちゃんとリスクコントロールしてやれば確実に利益もあげられるローリスクミドルリターンなすんばらしい投資法なんだけど、何せ最初の資金がそこそこ必要。
投資初心者には敷居が高いって言うか、こずかい程度で始められる代物では無いから、推薦する方もドキドキですよ。『いきなり200万円くらいかな〜』なんて言われたらぶっ飛ぶよね〜、私だったらぶっ飛ぶかも?!

で、我ながら改めて気になった。『トラリピっていくらぐらいの資金で、どの通貨で始めるのがいいのかな〜』ってね。
早速計算してみたよ!




まず、私が推奨するマネースクウェア・ジャパンのFX自動売買システムのトラリピ®を使ったFXでは、
1,損切りをしないFX
2,最初の注文設定をした後は基本放置のFX
3,一攫千金を狙わず、欲張らないFX
4,短期ではなく10年20年のスパンで考えるFX
5,日々の為替の値動きに一気一憂しないFX
6,ギャンブルでなく、資産運用としてのFX
7,将来不労所得だけで生活できるFX
以上が私の信条。その上でのトラリピの設定を考えてみました。

で、トラリピってどの通貨がいいの?って言う、トラリピの通貨選びですが、スタンダートな米ドルも人気はあると思いますが、利息(スワップ)が大きい豪ドルやNZドル、それから資金が少ない方にはトルコリラもオススメです。

スワップが高い通貨で取引するメリットは何と言っても、トラリピによる為替の売買が無くても、日々ポジションを持っているだけでおこずかいのように利息(スワップ)が受け取れることです。
トラリピを長くやっていますと、為替が自分の設定した予想範囲から外れてしまう事があります。(例えば105円〜95円にトラリピを設定したのに、為替が94円になったしまう感じ)そうなりますと、追加資金を投入しないと新たなトラリピ注文が出来ない可能性があります。
そんな時、スワップ収益があれば気長に為替が自分の設定内に戻るのを待つ心の余裕が生まれます。
スワップがほとんどない、米ドルですと為替の売買収益でしか利益を上げられませんから。



<米ドル/トラリピプラン>(2015年2月8日現在$1=119円)
*二種類考えてみました。米ドルの過去最安値は$1=75.57円ですので、いずれのトラリピ設定も75円まではロスカットされない前提です。両方とも『トラリピ+決済トレール』注文です。
(ロスカットって何?と言う方は→『 ①FXを始めるにあたって一番重要なロスカットの事。』を参照ください)

*50銭刻みのプランは113円〜125円の広い範囲をカバー。刻み幅が広い分トラリピのリピート回数は減ります。利益幅は500円〜700円程度が良いかと。(決済トレールをつけているので、あまり利益幅は広くなくても良いと思います。決済トレール無しだったら1000円くらいでも可)
75円のロスカットまで耐えられる証拠金額は¥1,219,000です。
豪ドルトラリピ①2:8


*25銭刻みのプランは50銭刻みより本数が多いにもかかわらず、114円〜124円の範囲と、為替が設定範囲より外れる可能性はありますが、リピート回数は増えますので収益チャンスは大きいです。
利益幅は上記同様500円〜700円程度。
証拠金額は上記より多い、¥1,999,160です。

豪ドルトラリピプラン②2:8豪ドルトラリピプラン②2:8-2



<豪ドル/トラリピプラン>(2015年2月8日現在1AUD$=92.80円)
*こちらも2種類。豪ドルの過去最安値は55.05円だから下記いずれのトラリピプランも1AUD$=53円まではロスカットされないように証拠金額を設定しました。トラリピ+決済トレール注文です。

*50銭刻みプランは昨年2014年の豪ドルの為替変動範囲を全てカバーの88円〜103円。
2015年中、大きな為替変動がなければ、かなり放置でも大丈夫なトラリピ設定です。利益金額は500円〜800円程度を想定してます。53円まで耐えられる証拠金額は¥1,435,920
豪ドルトラリピ①2:8-1

*25銭刻みのプランは50銭刻みよりも範囲が狭くなります。90.50円〜101円の想定ですので、実際の為替がトラリピの設定範囲よりも外れる可能性が大きくなります。
ただしリピート回数は増えますので収益チャンスは大きくなります。
設定範囲から抜けた場合はトラリピ設定をやり直したり、追加入金をしてトラリピを追加注文する必要が出てきます。ただし、米ドルと異なり毎日スワップが入りますので、リピートがなくても気長に待ちのFXもできます。
証拠金額は¥2,002,940です。
豪ドルトラリピ②2:8-2豪ドルトラリピ2:8-3




<トルコリラ/トラリピプラン>(2015年2月8日現在1TRY=48.15円)
高金利通貨で話題もトルコリラですが、最近少しずつ利下げもされ、一時期10%だった政策金利が現在7.75%となっています。
下がったとは言え、まだまだ高金利通貨なのでスワップも期待できますが、テレビを賑わせているイスラム国問題など周囲の国々による地政学的リスクがあることは否めません。
でもそんな通貨だからこそ変動幅も大きく収益チャンスもありますので、リスクコントロールをしっかり行ってトラリピプランを考えましょう。

トルコリラの過去最安値は1TRY=40.24円。今回はできる限りリスクを抑えたいので、ロスカットレートを35円で想定しました。

*トラリピの刻み幅は20銭。設定範囲は45円〜54円。45円〜47.20円はトラリピ+決済トレール、47円以下は高金利通貨の強みを生かしてトラップトレードです。(トラップトレードを使った詳しい説明は→『トルコリラ円、トラトラ戦略へ。』を参照)
利益幅は200円〜500円程度を想定。
証拠金額は¥1,040,560円です。
トルコリラプラン2:8-1トルコリラプラン2:8-2

*20銭刻み、資金的に100万円単位のお金をいきなり初めての投資にはまわせないって人のプラン。
上記のプランから52円以上54円以下のトラリピをカットしただけ。
現在値48円代だが昨年12月は54円まで上げているので、近い将来上抜けする可能性も大いにあり。
証拠金額¥579,440
トルコリラプラン2:8-4




以上、これらはあくまで『もし私がトラリピを最初にするとしたら〜』のプランです。勿論これより少ない証拠金額や狭い範囲のトラリピ設定もできますし、高収益(でもハイリスク)なトラリピもできますが・・・
そんなハイリスクな資産運用は私はしませんし、友達にだって勧めません。

ここまで読んで『自分でトラリピプランを考えたい!!』って方は過去のブログも読んでみてください。
『エクセルを使ったトラリピの運用試算方法(Ⅰ)』
『Excelによるトラリピ運用試算(Ⅱ)基本編』
『Excelによるトラリピ運用試算(Ⅲ)複数通貨編』

また、トラリピの注文方法がそもそも解らないって方はこちら⇩
『トラップリピートイフダン®注文方法』




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。